マガジンのカバー画像

Makuakeとものづくりと

97
Makuakeプロジェクトのストーリーをご紹介します。
運営しているクリエイター

#料理

フライパンの寿命は何年?IH鍋で20年保証。燕三条が生んだ努力の結晶

金属製品の一大産地、新潟県燕三条から「IHを極めたフライパン」が登場! IH鍋のパイオニア …

昔ながらのものを現代の技術でアップデート!鉄鍋でおうち時間を楽しもう

国内を代表する金物の生産地、燕三条発!日本で古くから親しまれてきた鉄鍋に新鮮なアイデアを…

2度のヒットはあるか?再現性を高めるプロジェクトマネジメントの秘訣

Makuakeをきっかけにヒット商品となった燕三条の「ダブルファイバーフライパン」。第1弾で1,…

車の部品で使われる技術がフライパンに!Makuakeにて達成率5,556%の人気…

金属製品の一大産地、燕三条発!焼く、炒める、揚げるを極めた鉄の「ダブルファイバーフライパ…

「給食缶ミニ」はありそうでなかった保存容器の新しいスタイル!おうちからアウトドア…

約70年間にわたり「仔犬印」厨房製品をつくり続けている『本間製作所』から、懐かしい給食缶を…

もう迷わない「出刃+柳刃 2in1 魚さばき包丁」誕生の理由は食文化への想いから

「魚捌けると楽しいよ」そう教えてもらったのは今から3年前くらいでしょうか。「安くてうまい…

1kg鉄フライパン誕生「鉄をもっと身近に感じて欲しい」Makuakeにて達成率4,447%の人気PJが帰ってきた!

金属製品の一大産地、 燕三条発!焼く、 炒める、 揚げるを極めた鉄フライパンから20・ 24cmの使いやすい新サイズが登場しました。 https://www.makuake.com/project/craftstore10/ (2021年 2月18日 AM11:00 サイトOPEN) 金属のまち新潟県燕三条から 「ダブルファイバーフライパン」を手がける双葉工業株式会社は、昭和38年の創業以来、技術の高度化と拡大に努めながら、お客様の暮らしを豊かにする製品をつくり続けてい

スキ
27

おうちが厨房に!プロに愛される「中尾アルミ製作所」の新作はIHからアウトドアまで使…

日本中の料理人が愛用する調理器具を62年にわたり作り続ける「中尾アルミ製作所」から、 プロ…

日本でいかりをつくる会社は残り数軒…なぜフライパンを?伝統技術を未来に残す「coci…

船のいかりを作る職人が追求した理想の鉄製・鍛造フライパンが誕生しました。ご自宅のIHヒータ…

燕三条の本気。アウトドアのための3種の包丁は「本当にいいものをつくる」という志し…

ダッチオーブンシリーズで多くの支援を集めた『村の鍛冶屋 山谷産業』がおくる、アウトドア用…

味のマルタイ、若手たちの挑戦。60周年にブックデザインの「BO-RAMEN」はなぜ生まれた…

創業60周年を迎える株式会社マルタイより、即席めんのイメージを覆す、新時代の『棒ラーメン』…

自動車の精密部品を作り続けてきた職人技で「ホーロー鍋」をつくると…蒸気口がついた…

日本有数のものづくりの街・燕三条産の人気無水鍋「リロンデル」にルーツを持つ、最新の鋳造鍋…

世界中から愛される京都のオムライスをおうちでも「ザ・洋食屋 キチキチ」完全プロデ…

「オムライスで世界をHappyに」をテーマに、京都で30年以上続く名店「ザ・洋食屋キチキチ」が…

世界中の誰もが簡単に包丁を研げるように…キッチンに革命を起こしてきたプリンス工業のものづくり

金物の街として知られる新潟県三条市のプリンス工業が究極の包丁研ぎ器の開発に挑戦。Makuakeで380万円を超える応援購入を集めています。 今となっては当たり前の「缶切り」を世界で初めてつくったプリンス工業 日本有数の金属加工の産地である、新潟県の燕三条。「プリンス工業株式会社」はこの地で昭和39年に創業しました。世界初となる”てこ式”形状を採用した「ゼット缶切り」を完成させたのも実はプリンス工業なのです。 自動車の部品や医療器具といった業務用製品を多く取り扱っていまし

スキ
7