マガジンのカバー画像

ものづくりの現場を訪ねて

29
職人さんへのインタビューなど、 ものづくりの背景をお伝えします!
運営しているクリエイター

記事一覧

燕三条と高岡。最強のタッグが生んだ二重構造のステンレス酒器「折燕 ORI-EN」

言わずと知れた金属加工の有名産地、新潟県 燕と富山県 高岡に拠点を置く職人のタッグで生まれ…

沖縄スイッチ押してみない?おうちから楽しめる「琉球ガラス市」はじめます!

2019年11月から始まったオンライン陶器市「CRAFT陶器市」に加え、2020年9月から「ガラス市」が…

逆転の発想から生まれた、久留米絣「イロハエプロン」Makuakeにて限定発売を開始しま…

1971年創業オカモト商店の3代目が新たに立ち上げたブランド「g」から、 久留米絣の製造を担う1…

料理のプロと歩んで70年…仔犬印のボウルセットがキッチン革命をおこすまで

創業以来70年にわたりプロ用厨房製品を世に送り出してきた「仔犬印」ブランドでおなじみの本間…

67層のダマスカス鋼…まるでハサミの形をした包丁!700年以上の伝統をもつ刃物のまち…

700年以上の伝統をもつ刃物のまち関で3代に渡って刃物を作り続ける丸章工業株式会社より、包丁…

職人さんに連れられて工房探訪…7月は「丹波焼」と「笠間焼」をお届け【おうちで楽し…

こんにちは!CRAFT STOREのみなみです。 みなさんのお住まいの地域は、大雨による被害は大丈…

粘土で10年後をよりよくしたい。洗顔「PLASH!」稀少な国産粘土にこだわったものづくり

粘土というと子どもの頃に図工で触った記憶がある……という方が多いのではないでしょうか?実は粘土って肌にいいんだよ?と言われても驚かれるかもしれませんが「クレイ」と言えば「あぁ!」とうなずく方もいるはず。 粘土を研究して半世紀。東京に拠点を構える粘土科学研究所は、モンモリロナイトという種類のクレイを使ったスキンケアを展開するメーカー。 昨年の指紋のつきにくいハンドクリームに続き、今年も「Makuake」に挑戦されています。 泡立てないから朝60秒で完了!すぐ使える粘土の洗

スキ
9

はじまりは自転車オタの電子エンジニアとアスリートの出会いから…ゆがみの測定と補正…

「CAT-b.c.s」は、スポーツ選手からの「効率のよいトレーニング」という要望からボディーバラ…

観光客減ならば…おうちと繋ごう 「CRAFT陶器市」6月は沖縄のやちむんを特集

こんにちは!いよいよ関東も梅雨入りをしましたね。雨が降る前は、強い風とムッとする湿気が台…

かつて海を旅した伝統の波佐見焼コンプラ瓶を現代に。林九郎窯の手仕事

創業72年の歴史を持つ波佐見焼の窯元「石丸陶芸株式会社」から、 コンプラ瓶とカップのセット…

伝統技術「抜染」×温度調節する素材から生まれた 毎日着れる「デニムジャケット&パ…

2018年、世界で唯一の技術「段落ち抜染」を用いたデニムシューズを発表し、クラウドファンディ…

家具は買い替えなくていい。関家具の新たな挑戦「ezbo」

家具のまち、福岡県大川市からライフスタイルにあわせて変化させる家具「ezbo」が登場しました…

「罪悪感ゼロのチョコレート」老舗ショコラティエが挑戦したギルトフリーおやつ「納豆…

チョコレートはひと口食べると幸せな気持ちになれる。大好きだけれど、食べると肌が荒れるしダ…

戦火を逃れつくり続けて90年。 歴史が生んだ、美を極めた筆「熊野筆のボディブラシ」が生まれるまで

化粧筆をつくり続けて90年の村岸産業から「熊野筆ボディブラシ」が登場しました。 美を描く。熊野筆の良さを多くの人に伝えたい 熊野筆は、広島県の伝統的工芸品として知られる化粧筆。江戸時代から続く筆づくりの職人技は、現代まで脈々と受け継がれています。柔らかな穂先が特徴で、肌当たりのよさから国内外問わず指名されるブランド筆として名をはせています。 化粧筆をつくり続けておよそ90年。私たち『村岸産業』のものづくりは、1924年舞台化粧の筆から始まりました。歌舞伎役者用の化粧

スキ
12