見出し画像

「給食缶ミニ」はありそうでなかった保存容器の新しいスタイル!おうちからアウトドアまで使える

約70年間にわたり「仔犬印」厨房製品をつくり続けている『本間製作所』から、懐かしい給食缶を小さくした「給食缶ミニ」が、Makuakeで人気を集めています。

燕三条で70年余。業務用から家庭へと

画像1

今回の「給食缶ミニ」を手掛けているのは、日本最大規模の金属加工のまち、新潟県は燕三条に位置する本間製作所です。

画像7

1951年の創業から約70年来、プロ用の厨房製品ブランドとして知られる「仔犬印」ブランドを掲げ、主にレストラン・給食・食品工場などへ向けた業務用製品を幅広く手掛けているメーカー。

本間製作所では製品の企画から製造、さらには一部の製作機械まで自社内で作るという一貫したものづくりができる環境を備えているため、実際に使っている方から頂いたご意見を柔軟に取り入れた製品開発を行っています。

「まかない」をこぼさず持って帰ってもらうには

画像6

「給食缶ミニ」は、料理人の困りごとから開発がスタートしました。プロの料理人から「スタッフにまかないをお裾分けしたい時、持って帰ってもらえる容器がないんだよね」という声がきっかけです。

画像3

そこから「ある程度の量が入りかつ持ち運びが可能な容器があれば……。」という発想で、今回の「給食缶ミニ」が生まれました。

画像9

緻密な技術により開発された止め金具により、90度回転式のハンドルを実現しています。

画像4

また一般の方でも持ち運びしやすく、食卓に出しても不自然のないデザインに仕上げており、料理の保存はもちろんのこと、料理の持ち運びにも便利です。

画像5

家庭用冷蔵庫の高さにもピッタリ収まるよう考えられて設計されています。

画像6


「給食缶ミニ」はステンレス製なので、家庭用のガスコンロで温めることが出来ます。つまり、保存しておきたい料理を入れて、そのまま冷蔵庫で保存。温めたい時は、冷蔵庫の中から取り出し、そのままガスコンロやIHにかけることができるのです。

画像8

長年にわたってプロ目線で調理器具と向き合ってきた『仔犬印』だからなせる細やかな配慮を、家庭でも使えるって嬉しいですよね。

おうち時間がふえ料理をすることが多くなったからこそ、保存用器も使い勝手のいいものを揃えてみませんか?

「あなたへ提案したい料理道具。直火&IH対応の保存容器「給食缶ミニ」仔犬印 燕三条」のプロジェクトは2021年6月29日まで応援購入を募集しています。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
こころほかほか
279
こんにちは!日本のものづくりにこだわったオンラインショップ「CRAFT STORE」です。 暮らしもはなしや、職人さんへのインタビュー記事など モノの背景にあるストーリーをご紹介しています。 https://www.craft-store.jp/