見出し画像

秋のおでかけに!大名陶器市でお買い物


こんにちは、スタッフ あやのです。
秋晴れが気持ちのいい週末に、福岡市内にある Fukuoka Growth Next(旧大名小学校)にて「CRAFT STOREの大名陶器市」を開催しました!

当日の天気予報はくもりだったのに、お昼にかけてどんどん快晴に。絶好の陶器市日和でした!1日限定の開催でしたが、たくさんのお客さまにお越しいただきました。

今回は2019年11月10日に行われた、イベントの様子をレポートします。

実際に手にとるよろこび

画像1

「CRAFT STOREの大名陶器市」に並んだうつわは、当店がいつもお世話になっている波佐見焼と有田焼の窯元さんの商品たち。職人さんのご協力があってこそ実現できた陶器市でした。
イベントでしか買えない、普段は取り扱っていない新しい食器との出会いに、スタッフ一同わくわく。

画像2

同じ窯元でつくられたものでも、かたちや色、質感もさまざま。
「ひとつの窯元で、こんなに異なるデザインがつくられるのか!」と改めて驚きました。

画像3

もちろん大人気の波佐見焼「eni」をはじめ、有田焼や美濃焼など、CRAFT STOREで販売中の商品も並べました。
「購入する前に実際に見てみたくて!」とご来店くださった方も。
画面越しでは伝えきれない商品の魅力も、伝えられる場になったかなと思います。

画像4

私たちにとっても、いつもCRAFT STOREをご利用いただいているお客さまと、直接お話できて嬉しかったです。

大名陶器市で人気の「波佐見焼」

画像5

陶器市で特に人気だったうつわは、面取、キクワリ、しのぎシリーズ。どれも長崎県の波佐見焼です。

画像6

色違いの商品を両手に、何度も見比べて悩んでいる方も多数。
波佐見焼ってカラーバリエーションが豊富で、どの色にするかですごく悩むんですよね。
私も昨年5月に「波佐見陶器まつり」に行った時、色違いのマグカップをふたつ買いました。

画像7

西海陶器のネイビーとグレーのマグカップを買ったのですが、ひとつに絞れなかったというわけではなく、どうしても2色組み合わせて買いたくなって……。

ひとりで2つのマグカップを使うことはないのですが、食器棚に並ぶ姿を見たり、誰かと一緒にコーヒーを飲んだりするたびに、「一緒に買って正解だった!」と思います。コーディネートを楽しむような、そんな感覚で食器選びの楽しさを知りました。

秋のおでかけは、あなたのまちの「陶器市」に行ってみませんか?

画像8

陶器市での1番の楽しみは、お気に入りの食器と出会うこと。たくさんの食器の中から見つけ出すぶん、「出会えた!」という気持ちになるので愛着がわきます。
陶器市は日本各地で開かれているので、休日の予定が決まっていない方はぜひ!
新しい発見があるかもしれませんよ。


2019年に行ってみたい陶器市メモ
【2019/11/16〜24】窯元もみじまつり(京都府 / 京焼・清水焼)
【2019/11/20〜24】秋の有田陶磁器まつり(佐賀県 / 有田焼)
【2019/11/22〜24】壺屋陶器まつり(沖縄県 / 壺屋焼)
【2019/11/27〜12/1】薩摩焼フェスタ(鹿児島県 / 薩摩焼)
【2019/11/28〜12/4】やきものワールド(愛知県 / 瀬戸焼・信楽焼・美濃焼…etc.)
【2019/12/13〜12/15】龍門司焼 陶器祭(鹿児島県 / 龍門司焼)


改めまして「CRAFT STOREの大名陶器市」へ足を運んでくださったみなさま、本当にありがとうございました。
選んでいただいた食器たちが、みなさまの食卓でたくさん活躍してくれますように。

スタッフのこれ買って大正解

陶器市で出会った西海陶器のマグカップは「色違いで買ってよかった!」と思えた相棒マグ。ネイビーとグレーを購入しました。


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ふう~深呼吸
10
はじめまして!旅する雑貨店CRAFT STORE (クラフトストア)です。 日本中を探し回って見つけた いいものを日々集めています。 職人さんへのインタビュー記事など モノの背景にあるストーリーをご紹介しています。 https://www.craft-store.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。