見出し画像

さむい日なりの楽しみ方

すっかり本格的な寒さがやってきましたね。

「どうやったら寒い日を楽しめるのかな~」なんてメンバーと話していたのですが、わたしは寒い日にしか着れないものや、寒い日にしか飲めないものを勝手に決めて楽しむようにしています。

分厚いセーターや、手袋。ニットのセットアップなどなど。着心地のいいもので外堀を埋めてしまいます。

雨の日にも同じようなことをしますね。ムーンスターのレインシューズとか、雨の日に聞きたい音楽とか探せばあるんですよね……ありませんか?

きょうは雨なのでサカナクションを聴いて出勤しました。雨=海=魚=サカナクションみたいな感じです。雨は川になって海にいって雲になって、また降ってくるのかと思うと「おかえり~」なんて気分にもなります。


ゆらゆらと立ち上る湯気がすき。

画像1

ところで、寒い日の楽しみといえばやっぱりあたたかい飲み物。

特にお茶に目がないわたしは、湯気がたつ様子を眺められる冬の朝には小さな感動を覚えます。

寒いことに加えて湿度が高ければ高いほど、湯気をはっきりと見ることができるそうです。

画像2

『KAORU KITO YUZU』の「木頭柚子 ゆずしょうが蜜」は、無添加・無農薬で育てられた柚子からつくられたシロップ。高知県産の生姜も入っていて飲むとポカポカしてきますよ。のどが乾燥しやすいこの季節には嬉しいシロップです。

ゆずしょうが蜜を夏はソーダ割、冬は紅茶にいれて飲むのが好きです。

画像3

キャンドルもつけて目からもあたたかく。

寒い日は寒い日なりの楽しみ方がある。「寒い寒い」と文句ばっかりいっていても勿体ない気がしてしまう。

「仕方ないな~まぁいっか~ゆずしょうが蜜飲めるし」と謎のご褒美制度を設けているのです。


「寒いのに起きれてえらい!」なんて自分を励ましながら

寒い日だけにしか楽しめない、素敵な冬時間をお過ごしください。


この記事に登場した黒いマグカップはこちら
(上から見ると八角形になるのに写真撮り忘れました…)

白のマグカップは有田焼

なにかと便利な青い豆皿は、職人さんが一つひとつ筆で色をのせています。

text&Photo:@minamiyan


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

こころほかほか
20
はじめまして!旅する雑貨店CRAFT STORE (クラフトストア)です。 日本中を探し回って見つけた いいものを日々集めています。 職人さんへのインタビュー記事など モノの背景にあるストーリーをご紹介しています。 https://www.craft-store.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。